エロス断想

猫と美人を描いてゐます

マドンナ

夜雨、曇り、昼に青空見ゆ、のち大雨、夕刻より小雨


スーパーのレジにて、前に並んでた婆さまが「どうぞお先に…」と言ってくれた。見れば、婆さまのカゴはギッシリ。私のカゴはちょっぴり。こんな気配りができるのは日本人だけだらうなぁと思ひつつ、「急いでませんから、いいですよ」と応へる。しかし、婆さまは支払ひの際、小銭を百枚近く出して、レジ係りはプチパニックになってた…私の後ろに並んでた買ひ物客の舌打ちが聞こえる。こんなことで色々とイチャモンつける奴がゐるから、婆さまは私に順番を譲らうとしたのだらうね…
ささいなことだけれど、少しやるせない気分になった梅雨の午後



マドンナ、油彩
実はこの絵は、ムンクの『マドンナ』のアンチテーゼなのです




■三州生桑HP■
http://www.h4.dion.ne.jp/~utabook/