エロス断想

猫と美人を描いてゐます

NORTH

ひねもす薄曇り、微風冷ややかなり
先日、ご近所さんからもらった銀杏を焼いて食す。仰天するほど美味し。来年は私も拾ふか。街路樹のイチャウの実を拾ってもいいのか知ら・・・車道でつぶされまくってるけど
ミケ母さんの姿見る。もう婆さんか。試しに抱へ上げて、私の膝の上に乗っけてみたら、イヤがって降りてしまった。食欲は旺盛


アラン・ツァイベル「ノース ちひさな旅人」読了。
勉強もスポーツも出来る可愛らしい少年ノースは、両親が話しを聞いてくれないからといふ理由でフリーエージェントの養子になり、理想の親を求めてアメリカ中を旅する・・・スラップスティックですな
「ユーモアのセンスがあれば、どんなことだってできるのだよ。さて、私はジョーイ・フィンガース。君の名は・・・」ノースは耳を疑った。「ほんとに知らないんですか」「こいつは面白い。おれの名前を知らないのかといふその演技、実に面白いアイデアだ」「僕はノースなんです」「しかも、実に面白い名前ときてる。いいぞ、坊や」「僕は新聞ダネになってる坊やですよ」「よろしい、ほんとに面白いことを聞かしてやらう」ジョーイ・フィンガースはあたりを見回し、秘密を打ち明けるかのやうに言った。「最後に新聞を読んだのがいつだったか、おぼえてないんだよ」





■三州生桑HP■
http://www.h4.dion.ne.jp/~utabook/