エロス断想

猫と美人を描いてゐます

言葉・狂気・エロス

終日快晴、一点の雲もなし。今が一番良い時候ですね
母猫見る。子猫の姿なし。育児放棄


丸山圭三郎「言葉・狂気・エロス」流し読み。よく解らず。難解でもあるが、論点が流動的でよく解らない。衒学的で散漫
人間の性の本質は、それが生殖のための生物学的欲求から、文化的欲望へと変化したところに見出せる。狭義の動物と共有するかに見える性器性欲の底には、口唇・肛門リビドー、同性愛、サディズムマゾヒズム、スカトロジーフェティシズム等々の非生殖的欲望がひそんでゐる。そんなものはすべて異常性欲だと思ふ読者は、正常とみなされてゐる「甘い口づけ」の非生殖性、自慰行為を可能にするエロティックな想像の世界を考へてもらひたい。もし動物的性交のみが正常といふのであれば、人間の性行為はすべて異常であり、かつまた素晴らしいものである。


レニー・クラヴィッツはフェイクである。模倣の魅力。ゆゑに私は愛する


■三州生桑HP■
http://www.h4.dion.ne.jp/~utabook/