エロス断想

猫と美人を描いてゐます

詩人は辛い

陰晴さだまらず
おなじみの猫たちに会ふ。子猫の姿は一瞬にして消える。用心深し。よしよし。母猫にたっぷりオヤツを与へる。母親がしっかりしてゐればよし。良い乳が出るだらう


中原中也詩集を拾ひ読み。痛々しい・・・
―――――――
『詩人は辛い』
私はもう歌なぞ歌はない
誰が歌なぞ歌ふものか
みんな歌なぞ聴いてはゐない
聴いてるやうなふりだけはする
みんなただ冷たい心を持ってゐて
歌なぞどうだったってかまはないのだ
それなのに聴いてるやうなふりはする
そして盛んに拍手を送る
拍手を送るからもう一つ歌はうとすると
もう沢山といった顔
私はもう歌なぞ歌はない
こんな御都合な世の中に歌なぞ歌はない
―――――――



■三州生桑HP■
http://www.h4.dion.ne.jp/~utabook/