エロス断想

猫と美人を描いてゐます

美徳のよろめき

薄曇りのち雨。梅雨入りしたんだよ、きっと
来月からガソリン170円台?


三島由紀夫美徳のよろめき」読了。中学生の頃読んだ時と、全く同じ印象。冗漫で饒舌な凡作。男の腋毛をむしり取る女・・・ゲイ的発想だね
夫と一緒に行った舞踏会で、節子と踊った土屋が、ちょっと話があるから、明日の午後三時に、節子の家の近くの駅で待ってゐる、と告げた。あくる日の午後三時、節子は約束の場所へ行かなかった。そして土屋が節子の家まで押しかけて来る勇気があるかどうかを試さうとして、家で永いこと待ってゐた。土屋は来ない。節子は土屋を蔑んだ。さうして終日怒ってゐるうちに、節子は自分が土屋に恋してゐるのを知った。


お金のかかる女性は、もううんざりだ。貰ふものだけは貰って、出すものは舌も出さない・・・無神経すぎる。



■三州生桑HP■
http://www.h4.dion.ne.jp/~utabook/